遺作 やっぱ男は男なんだねぇ(笑)

こんばんわ、にゃんたです。最近、人生ではじめて投資信託というものをしてみました。吉とでるか凶とでるか?10年後をお楽しみに!ということで前置きはここまで・・・今日は遺作レビュー最終回でございます。前回はあて先不明の手紙によって旧校舎の音楽室に集められた主人公一行。音楽室のドアまで開けられなくなって閉じ込められてしまった。そこで誰もいない校舎のはずなのにチャイムがなる・・・。そこで陣八が音楽室のドアを...

遺作 実際のプレイ画面

こんにちわ、にゃんたです。遺作いってみようかー。前は登場人物まで紹介したと思う。今回は実際にどういう風にストーリーが進んでいくか見ていきたい。ある日、主人公の部屋の机の上に置手紙が置いてあった。差出人の名前はない。この主人公は間抜けなのかね?まずは、ここに手紙が置かれている理由を考えないのかなぁ?母親が置いたのかもしれないしさぁ高校生ってこんなもんなのかな。アイテムを発見するとしたのボックスに収納...

遺作 イントロダクション

こんにちわ、にゃんたです。今日も遺作のレビューをしてみよ!最初に断っておくけれど遺作はPC98版、Windows95版、Windowsリメイク版が発売されている。それらが最新のOSで動くかどうかは分からない。ここではPC98版の遺作をWindows10でエミュレータを使ってレビューをしている。もし、実際にプレイをするときは十分に情報を集めてから購入することを勧める。下に書いてあるのは遺作を起動すると流れるテロップ。健康な人間であれ...

遺作 臭作と違ったテイストを堪能あれ!

こんばんわ、にゃんたです。今日からは臭作の前作、遺作をレビューしていこう。遺作については前回の記事で書いてあるのでそちらを確認してほしい。前回の記事最初にやった遺作はWindows95版の遺作だったけれど手放してしまったのでPC98版の方でレビューしていく。パッケージは臭作、鬼作と違ってオドオドロしいデザインになっている。遺作は臭作や鬼作みたいに写真を撮って脅して犯すようなゲームではなくどちらかというとホラー...

臭作 トイレの匂いは大っ嫌い

こんばんわ、にゃんたです。ご無沙汰です!お元気していましたか?今回も明るく楽しく元気よく臭作いってみましょう。ちなみに今回はかなりゲスな内容なので気が進まない人は閉じてください。今日は実際に志保を落とす過程を紹介しよう。これを見ることによってどういう風にゲームが進むか分かるはず。どういう風に志保を堕とすかはネットで攻略法が書かれているので確認してほしい。ゲームが始まると・・・・女の子の部屋とトイレ...

臭作 加藤のオヤジはどこへ行った!

こんにちは、にゃんたです。さて、臭作の本編に入っていこうかな。前回の選択肢で「臭作の好きなようにさせる」を選ぶと綾香が現れる。つまり、二日後の朝一番までに全部のヒロインを堕とし寮を逃げ出さなければならないんだ。そうしないと綾香に臭作の悪事が校長にバラされ警察に捕まることになるから。それが一周で可能かというと・・・ちょっときびしいかな。攻略法をみれば可能だけど最初から攻略法を見ちゃうのもねぇ。一週目...

臭作 シモ系のユーモアやジョークは一品

こんにちわ、にゃんたです。今回は、臭作の性格について書こうかな。前作の遺作は(伊頭家の長男)完全な鬼畜な男だった。なんもユーモアもジョークもクソもない。ただ単に鬼畜なだけだった。唯一、ずる賢いところは臭作も一緒だけれど。臭作は遺作と比べてユーモアやジョークがある。まぁ、そうはいってもシモ中心のユーモアだけれどね。ここがプレイする人を分けるのかなぁ。僕はこういうジョークが好きなんだ。だけど、完全に下...

臭作 アダルトゲームの金字塔

こんにちは、にゃんたです。昨日はエルフが終了した記事を書いたから「ここはエルフのゲームレビューをしにゃならん!」という気持ちがフツフツと毛穴から湧き上がってきたんだ。だから今回から僕が初めて買ったエルフのパソゲー「臭作」をレビューしよう。全部、紹介するのは厳しいので志保を堕とすまでを見ていく。ちなみに過激な画像は貼らないけど過激な言葉が出てくるので注意ね。あと18才以下の人は閲覧を避けてください。こ...

遺作(PC98版) 伊頭家シリーズの始まり

こんばんわ、にゃんたです。今回は最近、全クリした遺作について書こうかな。遺作はエルフのゲームだ。通称、伊頭家シリーズと呼ばれている。その最初が遺作だった。【遺作】って聞くと「誰かの遺作?」って思うかもしれないけれど違う。遺作っていうのは人物の名前。遺作の次が臭作、鬼作の順番で発売をされている。遺作とほかの臭作、鬼作には違いがあるんだ。臭作や鬼作はプレイヤーが操作するようになっているけれど遺作はゲー...