GWはゲーム機の掃除!

昨日、先輩とこんな話をした。

先輩「もういくつ寝るとゴールデンウィークじゃんかぁ~一週間何するよ~?」

「何しましょうかね~ジャンク品のスーパーファミコン本体を買って漂白剤に漬け込んでキレイにしますかねぇ」

先輩「なんで古いゲーム機ってあんなに黄ばむんだろうね、
俺もジャンク品の本体を買ってきたらコンパウンドでキレイにするけどね。」

「コンパウンドでキレイになるんですか??」

先輩「なるとも。スーパーファミコンのカセットにも有効だ」

「えぇぇ~スーパーファミコンのカセットって黄ばみます~?カセットはグレイだし黄ばまないと思いますけど・・・」

先輩「いいや、確かに黄ばんでいる。今度ハードオフに行った時に見てごらん。黄ばんでいるから。」

「じゃあ、ゴールデンウィークはゲーム機の掃除っすね(笑)」

なぜゲーム機の掃除なんて面倒なことをやるかというと・・・
20年以上前に発売されたゲーム機が真っ白にキレイになったら愛着が湧くし大切にしようって気持ちが起きるからだ。
そもそもレトロゲーム機はいつまでも売られているものではない。
いつかは無くなりプレミア価格がついて売られるようになる。
それだったら今から大切に使って長持ちさせようってことだ。

話を聞いていた後輩は
「そんなん面倒だからエミュレーターを使えばいいじゃないですか」
言うけど僕はエミュレーターの方がメンドくさいというかゲームをやっている気にならない。

僕はいつもジャンク品のゲーム機は使う前にキレイにして使うようにしている。
大抵のジャンク品のゲーム機は黄ばんでいるんだよなぁ。
だから破格値なんだけどね。
自分で処理して使うから安い。
それがジャンク品。

ただし、タバコ臭いのは勘弁してほしい。
前にジャンク品の初代Xboxを買ったんだけど(このブログに載せているSpecial Editionではない)
ちょっとクンクンするだけでヤニ臭い。

ゲームの読み取りが出来ないと書いてあったから箱を開けてからがまた一段とヤニ臭さがマーベラス。
というより一段とデンジャラスの方が分かりやすいか?
綿棒にアルコールをつけてレンズを拭くとヤニがベッチョリ。
箱を閉めて電源を入れてソフトを読み込ませるとちゃんと読み込むようになったけどヤニ臭さは消えない。

だからね~タバコを吸う人は要注意。
ゲーム機本体を買い取ってもらう時に不利になるのは確実。
ほんっと臭いもん!
自分はなんとも思ってないかもしれないけれど吸ってない方からすれば臭っているからね。
あとさっきも書いたけどレンズにヤニがつくからゲーム機の寿命が短くなる。

つまり損をしているってことだね・・・。

あなたも愛着のあるゲーム機をゴールデンウィークに掃除をしてみたらいかがだろうか?



あなたの応援クリックお願いします(´∀`)


コメント

非公開コメント