RACE DRIVER GRID ライバルに越されたら時間を巻き戻せ!

レースドライバー グリッド

ジャンルレースゲーム
開発/販売元コードマスターズ
機種Xbox360/PS3/PC
発売日2008年(年月日不明)
僕的評価良ゲー

このゲームとの出会い
僕はもともとXbox360のPGRシリーズが好きだ。
だけどPGR4をもって開発元が解散したらしく続編が出ていない。
そこでPCゲームでPGRに似たソフトがないか探していたところこのゲームと出会った。

やってみた感じ
リッジレースみたいにガチガチのドリフトを楽しむものでもなくフォルツァみたいなリアル系でもない。
中間よりなのでどちらのタイプであっても楽しめると思う。
内容は指定された車で1対1の峠バトルやドリフトレース、ノーマルレースがある。
そしてシーズンの終わりには24時間耐久レースがある。
24時間耐久レースは1時間1分の流れで24分間のレースとなる。
24分間のレースはキツイけど面白い。

先にも書いたようにレースごとに使える車が決まっているから自分のお気に入りの車でレースは出来ない。
だから「自分の気に入った車でレースをしたい!」
という人にはオススメは出来ない。

あとライバルの車や外壁に当たると車がボロボロになっていく。
僕なんて当たりすぎてスグにバンパーがビロンビロンと垂れてしまう。
こうなっていくと車のパフォーマンスにも影響が出てくる。
特に壊れやすいのはステアリングだ。

ステアリングが壊れてくるとまっすぐ走れないしドリフトもやりにくい。
正面衝突するとエンジン系にダメージを与えてしまうのでスピードが出にくくなる。
クラッシュを防ぐには練習のみしかない。
無理せずに慎重に走ること。

多くのレースゲームはクラッシュしても順位が落ちることはあっても車のパフォーマンスに影響するものが少なかった。
こういうリアル系を楽しみたい人にはいいだろう。

それでも、外壁やライバルの車に当たってしまって自分の車がボロボロになってしまう人の為に救いの手がある!
それはこのゲームではなんと5回まで時間を巻き戻すことができるのだ。
つまりクラッシュして車が大破する前に戻って軌道修正することができる。
だけど、レースの初めで使いすぎて終わりで使えないなんてことがないようにしないと後で後悔するので注意。

↑0:36秒あたりからフラッシュバック機能を使って時間を巻き戻してやり直している。

欠点は?

自分の好きな車を使って全レースを走ることができないこと。
このゲームはいろいろな車で(F1やマッスルカー)レースを楽しむことであって一つの車で楽しむもんじゃない。
僕の好きなランボルギーニは出てくるんだけど全部のレースには使えない。

音楽があまりない。
レース中まったく音楽がないわけじゃないけれど寂しい。
エンジン音を楽しみたいという人にはいいかもしれない。
僕が目についたのはこのぐらい。

一応、PC版には日本語字幕はないし日本語化するツールもない。
だけどゲームが出来ないほどのレベルではないので大丈夫だと思う。
いつもと違うレースゲームを楽しみたい人にはオススメだ。



※まだお目当てのソフトを探すのに手間をかけているのですか??




コメント

非公開コメント