レビューは必ず見よう!

欲しいソフトが見つかったらまずゲームが求めている環境と自分のPCの環境のチェック。
最後に一つあげるとするならばレビューは必ず見よう。

レビューはそのソフトを買った人の批評が書かれている。
ソフトを買った人はまだプレイをしていないからそのソフトが面白いのかどうかが分からない。
ただし、ゲームの中身を知らなくても知ることができるのがレビューだ。

PCゲームの場合、面白いのかとは別に「ちゃんと動くのか」という問題もある。
中には致命的なバグがあってゲームがある場所から進まないというものもある。
それをレビューを読むことによって知りそのゲームを買うか再検討することができる。

レビューでチェックしてほしいのが
「推奨環境を満たしているのにハイクオリティにできないゲームかどうか?」
という書き込みがあるかだ。

たとえばFF13の初期のバージョンは解像度固定でユーザーから不満のレビューが多かった。

Steamレビューより
レビュー1


既に購入した人がいるからこそレビューによって知ることが出き賢い買い物をする事が出来る。
実際に僕はレビューを読んで買い控えした。
※尚その後のアップデートで解像度変更できる仕様になった。

最近のものであればデッドオアアライブ5だ。
フルプライスで発売したくせにPS版の劣化移植というレビューが山のように出てきた。

Steamのレビューより
レビュー2

こういうレビューを読めば
「PC版はイマイチだからPS版を買おう」
という新たな違う判断をすること出来る。

僕は前の記事で買いたいなーと書いたけどこの記事を見て買うのは控えた。
だから・・決済ボタンを押す前に必ずレビューをみよう。

あと・・・当たり前だけどレビュー投稿者が多いほど信憑性は高く投稿者が少ないほど信憑性は低い。
ゲームの面白さは人それぞれだけど多くの人が絶賛するゲームであれば信憑性は高い。
逆に1人だけが低評価ならばそのレビューは信憑性は低い。


あなたの応援クリックお願いします(´∀`)

コメント

非公開コメント