オブリビオン【PC版】 レビュー

オブリビオン
ジャンルアクションRPG
対応機種Windows, Xbox 360, PS3
発売元Bethesda Softworks
発売日2006年3月20日(アメリカ)
売上本数世界で660万本
僕的評価神ゲー++


このゲームとの出会いは?
オブリビオンを買ったのは5年ぐらい前だ。
その頃、僕はFF11オンライン中毒だった。
またFF11オンラインを復帰してもいいけれど体も壊したくない。
だからオフラインで似たようなゲームがないか探してみた。
そうしたらXbox360で似たようなソフトを発見した。
それがオブリビオンだった。

やってみた感じ

むしろFF11よりも出来はいいしグラフィックがキレイだ。
世界観が同じファンタジーだから違和感もない。
一人MMOをやっているような感じだ。
ただ洋ゲーなので洋ゲー独特のキャラクター描写に慣れるのに時間がかかったけれど・・。

画期的だったのがファストトラベルという機能だ。
一度、行った場所は以後、マップから選択して瞬時に移動をすることが出来る。
大抵のゲームは船や乗り物に乗って移動するけれどオブリビオンではそんなことをする必要はない。
だから、テンポよくプレイがができるんだ。

クエストがよくできていてメインストーリーをそっちのけにして今もプレイしている。
メインクエストそれだけをやっていれば大体10時間もあれば終わる内容だと言われている。
クエストはどんな内容があるかというと人から依頼されるクエストやギルドから依頼されるクエスト、
人を殺してくる暗殺クエストなどがある。

とくに人を殺してくる暗殺クエストは面白いしオススメだ。
ただし、序盤で人を殺しまくると自分の評価が下がるので序盤からはやらないほうがいい。
ちなみにゲームの重要人物を殺すと復活しないのでクエストによってはクリアが出来なくなるので注意だ。

オブリビオンはダンジョンのクエストが多い。
ダンジョンは工夫がされていて松明がないと(もしくは周りを照らす魔法)周囲が見えない。
逆に周囲を照らすとその光で敵に見つかったりする。
よく考えて進まないと敵に返り討ちされるので気を付けて進まなければならない。
またワナも豊富で進んでいくと天井から岩が落ちてきたり壁から吹き矢が飛んできたりする。

オブリビオンのレベルアップは特殊だ。
主人公にはメジャースキルとマイナースキルがある。
つまり得意分野と不得意分野だ。
このメジャースキルを10上げるとレベルが1つ上がる。
ただし一度、寝ないと上がらない。
マイナースキルをいくらあげてもレベルアップはしない。

魔法を上げるならば常時、魔法を唱えていればスキルが上がるし
軽業(ジャンプ能力)を上げたいならば常時、ジャンプをしていればいい。
これが面倒だったなぁ。
レベルを1上げるために移動する時に毎回毎回、ジャンプしているのも大変だ。
このゲームがオンラインだったら多分、みんな怪しい行動をしているぜ?
みんな意味不明なところでジャンプしてたり魔法を売ってたり(笑)

こういう面倒なシステムがあることによってオブリビオンよりもスカイリムの方が面白いと言われている。
確かにレベルアップのシステムが悪いってのは分かるなぁ。
実際、メンドクサイもん。

Windows8 64bit版でもインストール可能で遊ぶことができる。
動作環境は導入するModによって変わってくる。
Modを入れないならばそんなに高性能なPCは必要ない。
詳しくはこのページを読んでほしい。

ちなみにオブリビオンはPS3とXbox360に移植されている。
Xbox360版はHDDにインストールしないとロードが長い。
PS3も調査したらロード時間が長いらしい。
コンシューマ版をやる場合はその点を注意した方がいいかも。
PC版は性能にもよるけれどコンシューマ版の3倍くらい早い。


※今話題の自宅にいながらCD/DVDを無料レンタルできるキャンペーンを僕がやってみた。
詳細はこちら

コメント

非公開コメント