攻略法(本)を買う?買わない

昨日、逆転検事の事を書いていたらある会話を思い出した。

「そういや先週、逆転裁判1~3を買ったそうですけどどうですか?」
先輩「あ~もう3の終盤までいったよ」
「それって早すぎじゃないですか?どうやってトリックを見破ったんですか?」
先輩「だって攻略法を見ながらやってんだもん、そりゃ早く進むさ」
「なんだ~そうだったのか~。でもそんなやり方で面白いんですか?」
先輩「面白いよ」
「いろんなゲームプレイがあるから否定しないけれどどうなのかなぁ・・」

あなたは攻略法を読んだり攻略本を買ってゲームをプレイする方だろうか?
僕は極力しないようにしている。
特に逆転裁判みたいなゲームはネタバレしてしまうとゲームをすることがつまらなくなってしまうから読まないし読みたくない。
じゃあ絶対に読まないのかといったらそうではない。

たとえば、システムが複雑なゲームは攻略本を買って読む。
モンハンシリーズは攻略本があった方が効率がいい。
モンハンを攻略本なしでプレイするのは難しいんじゃないかなぁ。
システムが複雑だしボスの弱点がそれぞれ違うからねぇ。
それを一から自分が調べてプレイしていくのは楽しいかもしれないけれど効率が悪い。

あと買ったのはFF11のワールドガイドという分厚い本。
これがないとジョブチェンジの条件やクエストの受け方が分からない。
一番よかったのはダンジョンの地図が明確に載っていたことかな。
これは買ってよかったと思う。

ただし、逆転裁判のようなゲームは謎を解くゲームだから謎が分かってしまったらゲームじゃないんだよね。
ただストーリーを読んでいるだけに過ぎない。
人それぞれプレイの仕方があるから否定はできないけれど面白いのかなぁ。


※今話題の自宅にいながらCD/DVDを無料レンタルできるキャンペーンを僕がやってみた。
詳細はこちら

コメント

非公開コメント

No title

私は結構攻略見ちゃいますね。謎解きはなるべく見ないようにしてますが・・
たまに買ってもいないゲームの攻略見たりしてますよw
自分でも変だと思ってますが、攻略見て「買おうかな」って決める時もあります。


逆転シリーズの攻略は・・単純にストーリーを楽しみたいって時はいいかもしれませんね。キャラ同士の会話だけでも十分楽しめるぐらいですからね。

No title

僕も謎解きについては絶対に見ないようにしています。
謎解きに主を置いたゲームなのに、自分で謎を解かないって、牛丼の牛抜きを食べているようなもんだと思う。(どこかで見たな、このフレーズw)

どうしても、どうしても、分からないときは・・・・

こそっと見る(笑)

他の部分が目に入らないようにね。


ちなみに、RPGとかの攻略情報は見ますね。
この場合は、攻略と言っても情報とかちょっと有利になるアイテムとかで、おっしゃる通り効率化が目的で、それによってゲームの醍醐味が損なわれるといったことは起きません。

ただし、ゲームバランスが壊れるような裏技は別。
これは僕の場合、あくまで2周目以降のお楽しみとして使用したりします。

あ、長文失礼しました(笑)

No title

私は、攻略情報の為というより、読み物として購入していた事が多いですね。
勿論、攻略本としても活用してたこともありましたが・・・。

あと、RPGは効率のため、見る事も多かったのですが、その遊び方で遊んだ時と、見ないで遊んだ時の満足度が明らかにちがかったので、最近では攻略情報を殆ど見なくなりました。
見てもクリア後、チェックのためとか。

ただ、ギャルゲとかでめんどくさいのは攻略情報見ちゃいますし、トロフィー関連があると、頼る事もあります。
なので、一概には言えないかもしれませんね。

Re: No title

佐倉華音&Reilaさん、こんにちわ。
コメントありがとうございます。

そういう物の見方もあるんですね。
確かに攻略を見て
「このゲームめんどくさそー」と思えば買わないで済みますしね(笑)

逆転裁判系は攻略を見て進めても楽しめる要素はいろいろありますしね。
キャラクターの性格が濃いし、会話も面白いですしね。
特に逆転裁判はキャラクターのネーミングは芸術レベルです。

Re: No title

あべるとさん、こんにちわ。
いつもコメントありがとうございます。
そうなんですよ、攻略法を見てしまうということは牛抜きを食べているようなもんなんです(笑)

僕もどうしても、分からない場合はコソッと見ます。
分からない所だけ見て進めてそれで全クリが出来たらそれまでですね。

RPG系の攻略は見ますね~。
オープンワールド系のゲームはドコの誰に話せばクエストが受けれるとか分かりませんしねぇ・・・。
アイテム収集も楽じゃありません。
これを見ずにやったらメッチャ効率悪いです。。

そう考えるとイースオリジンってよく練られたゲームですね。
3人の主人公がいて違う攻略法で同じステージをクリアしなければなりませんから。
同じボスでも主人公によって違う倒し方をしなければならない。
主人公によって違うイースオリジンを体験できるからそういう面が魅力かもしれません。

バイオハザードでいうと最初からロケットランチャーを装備しているような状態ですね。
確かにゲームバランスを壊してしまいますから最初から使えたらつまらないです。
これは二週目で楽しむものですね。
けど、ロケットランチャーの使いづらさは天下一品でしたね。
最強かもしれないけれど発射までが遅いのなんの・・・。

コメントから外れた文面もありますが長文になりました。

Re: No title

二条ジョウさん、こんにちわ。
コメントありがとうございます。

読み物としてということですか・・・?
僕は読み物としては購入したことがないのでお気持ちが分からないです。
すみません。

ただ読み物として面白かったといえば・・・初期のドラクエが全盛だった頃・・・
ジャンプが編集したドラクエの攻略本が面白かったです。
確か三人のキャラクターが出てたんですよね・・・キム王・・・?
忘れてしまいました(笑)

重要な個所は袋とじをしてあって
「ここには何が書いてあるんだろ??」
とワクワクしたもんです。
今は袋とじしてある攻略本なんてないですよね(笑)