メモリーズオフ2nd 真夏にあったかいんだからぁ~~♪

さて、メモリーズオフ2nd レビューいってみましょか。
主人公(伊波健。略してイナケン)はアパートの隣人・・・信にお金を3万円貸している。
イナケンは催促するもまったく返してくれない。
そんな時に信からバイトをしないかと提案が出される。

ここで信は鬼のような発言をする。
「情報料として3万円、これでチャラ。しかも店長に言っておいたからよろしく」
はぁぁ~????
僕がイナケンだったら胸ぐらつかんでいるところですわ。

仕方なしにバイト先へ面接にいってみる。
店長から「あ~あんた採用。今日の6時から来れる?履歴書後でもいいから持ってきて」
memory5.jpg

はぁぁ~????
僕だったらこんなバイト先は怪しすぎてバックれするよ。
んでアパートに帰って信に
「ゴラァあんな怪しいバイト先を紹介すんな、3万返せコノヤロー!」
って言うね。

昔は即決する企業があったんだよね。
アルバイトだけじゃなくて正社員でも即決採用もあったしね。
ちなみにこれはバブルの頃の話だけど。

この日はほたる(イナケンの彼女)が学校に見に来いということで行ってみる。
校門で親友に会い夏期講習を受けろと言われるので来たついでに受けてみる。

先にほたるがいる教室へいってみる。
なにやらイナケンに聞かせたかった曲があったらしい。

そして夏期講習
そこで会った先生が同じアパートに住んでいる人だった。
授業が終わった後、先生に
「ちょっときて、イナケン」と言われる。
もしや恋の告白かぁ~?

校庭のベンチで座っていると先生から缶ジュースの差し入れ。
先生「はい」
イナケン「う~わちゃちゃちゃ~~~おぉぉぉい!!!!!!!」
真夏にあったか~い缶ジュースの差し入れ。
いや~僕はこういうサドっ気大好きですよ~(笑)
memory9.jpg

こんなこと言われても先生のからかうレベルが高すぎですぜ(゚Д゚;)


051.gif

『駿河屋ゲーム』最新新作ゲームから四半世紀前のレトロ機種まで!
ありとあらゆるゲームが揃っています!


古いゲーム売るならヤマトク

コメント

非公開コメント