PSX本体 レンズクリーニング

こんにちわ、にゃんたです。
今日はPSXの分解修理をしてみた。
写真 H27-05-09 10 37 27

PSXを知らない人もいると思うので説明しよう。
PSXはハードディスクとアナログチューナーが内蔵されておりテレビ録画ができるPS2本体だ。
つまりPS2+ハードディスクレコーダーだ。
当時価格で5~6万円したんじゃないかな。

この本体はジャンク品で買ったけれど最初から調子が悪かった。
PS1のゲームは読み込むけれどPS2のゲームを読み込んだり読み込まなかったりする。
そのたびに分解してレンズをキレイにしていたんだ。
ただ、前に分解したときにフラットケーブルを切断してしまって電源が入らなくなる(泣)
また分解するのが面倒なので半年ぐらいホッタラカシにしておいたのだ。

まぁこの大きさだからまた買おうとは絶対に思わないけどね。
もし買おうと思っているならば普通にPS2本体を買うことをお勧めする。

ということで分解開始!
まずは裏面の隠しフタをとりのぞく!
写真 H27-05-09 10 39 34

するとプラスネジが隠されているのでプラスドライバーで取る。
PSXは分解するだけならば特殊ドライバーは必要ない。

上蓋を開けると手前にあるのがドライブ部分だ。
写真 H27-05-09 10 54 32

ドライブ部分の上蓋は四隅がプラスネジで止まっているから取り除く。
写真 H27-05-09 10 54 45

取り除くとドライブ部分の上蓋が取れる。

写真 H27-05-09 10 58 26

左がPS1のレンズで右がPS2のレンズだ。
今はPS2の調子が悪いから右だけ綿棒でクリーニングする。

元に戻す時に注意するのが正面から見てドライブ部分の右側面にフラットケーブルがある。
写真 H27-05-09 11 24 11
本体の上蓋を閉める際に気を付けないと挟んでしまい電源が入らなくなる。
僕の場合はフラットケーブルが浮いていると挟んでしまうからセロハンテープで固定させた。
元の戻してまた開けるの面倒だからこの点だけは注意しよう。

元に戻してPS2のゲームを入れてもやっぱりウンともスンとも言わない。
PS1のゲームは読み込むんだけどねぇ。
もうダメなんだろうなぁ。
今度はちゃんとしたPS2本体を買おう・・・。


051.gif

『駿河屋ゲーム』最新新作ゲームから四半世紀前のレトロ機種まで!
ありとあらゆるゲームが揃っています!


古いゲーム売るならヤマトク

コメント

非公開コメント