北斗の拳 ファミコン版【クソゲー】

北斗の拳

ジャンルアクションゲーム
機種ファミリーコンピュータ
発売元東映動画
発売日1986年8月10日


このゲームが発売されたころは北斗の拳が流行ってたねぇ。
クソゲーのくせに150万本売れたとか・・・。
当時はファミコンブームでクソゲーでも売れる時代だったしね。
そこに北斗の拳なんてネームバリューを付ければ買うんでしょうね。
でも「北斗の拳」のゲームって地雷臭しない?
どのゲーム機でも北斗の拳のゲームが面白いって話は全く聞かない。



どういうところがクソゲーかというと
進むべき道が分からないということだろう。
一応、バットとリンが扉の前に立って正しい道を示してくれているのだが何故か当てにならない。
ただし、敵をパンチで倒すと敵が破裂してたまに「あべし」という文字が出現する。
それを何個か集めるとリンが必ず正しい道を教えてくれるらしい。
なので「あべし」を集めない限り同じルートを彷徨うことになる。

それだったらさ・・・何もリンとバットが扉の前で正しい道?を示す必要ないじゃん。
最初から「あべし」を集めてリンに正しい道を導いてもらってくださいって説明書に書けばいいのに。
当時はソコが全然、分からなくて同じ道をさまよったのを覚えているよ。

それで苦労してボスのところへ着いても異様に強い。
ケンシロウの必殺技で倒せるみたいだけど発動条件が全く不明。
僕は北斗の拳に詳しくないので一面のボスでコントローラーを投げたね。
ホントよくこのゲームが150万本も売れたと思う。


051.gif

■駿河屋ならお値打ち価格で販売中!


コメント

非公開コメント

これぞ世紀末

こんちは~。

当時の私をあべしを取るとパワーアップを誤解させた罪深き作品ですね(笑)
斧や人が飛び交うカオス世紀末

PS版は「東映動画」から解き放たれるので良ゲーのようですよ。

Re: これぞ世紀末

髭人さん、こんにちわ。

まったく「あべし」謎でしたね(笑)
僕も「あべし」を取るとパワーアップするもんだと思ってました。
このゲームはホント、クソゲーなんだけど謎ゲーでもあります。
何をどうすればいいか全くわかりません。
クリアーした人いるんでしょうかね・・・(^^;)