ハードオフのジャンクPCを修理してゲームをしよう!

こんにちわ、にゃんたです。
いやーこの一週間、僕は悩んでいたよ。

先週、VM WareにUbuntuを導入してホワイトアルバムをインストールした。
記事はこちら
結果、出来るようにはなったけれどフルスクリーンに出来ないし音は割れるし・・・プレイしていてなんかヤル気が萎える。
やっぱり好きなゲームはフルスクリーンで快適にやりたいもの。
誰だってそう思うはず。

だけど僕のパソコンはWindows8 64bit版。
これが32bit版だったら辛うじて動くみたいなんだけど・・・。
どうすればいいかな・・・。

ということで実家の物置をゴソゴソしていたらWindows2000のディスクを発見!
そういや買ったのを忘れてたよ。
当時はWindows2000よりもMEをよく使っていたから2000ってあまり印象に残ってないんだなぁ。
それで、いらなくなったからリサイクルショップにWindows2000のディスクを持っていったら
「100円でいいですか?」
なんて言うもんだからブチ切れて
「いやなこった!」
って言って押入れに保管していたんだ。
当時、3万円近くしたのに誰が100円で売るかってんだ。

そこでピキーンと来た!
当時のパーツを集めて組み立ててWindows2000をインストールすれば万事OKになるんじゃないかと。

そういうことで計画を立ててみた。
家にメーカー製のXPの壊れたパソコンがあるから部品を流用する。
使えるのは・・・
■ペンティアム4 1.7Ghz
■メモリー256MB
■ハードディスク80GB

そこから買い足す部品を洗い出すと
■マザーボード
■電源
■ケース
■DVDドライブ

マザーボードはCPUソケット478のモノを検索したが
古いクセに高い!
程度のいいもので5000円ぐらいする(泣)
電源とケースは新品でセット販売しているものが4000円。
DVDドライブは1500円。

この時点で10000円を超えているじゃないか・・・(汗)
古いゲームをやるのにこんなにお金を使わなきゃならないのかい・・。

なのでマザーボードとDVDドライブはハードオフのジャンク品で補おうと思った。
探してみるとCPUソケット478のマザーボードは確かに売っていた。
ただし、チップセットのヒートシンクが破損していてマトモなヤツが売っていない。
確かに500円なんて破格で売っているんだけどね・・・。

この時点でDVDドライブを探す気が失せて家に帰ってしまった・・。
やっぱり、10000円なんて出さなきゃ古いゲームが出来ないのかなぁ・・・。

つづく。


051.gif

10年以上前のパソコンでも買取り価格が付きます!


[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!


コメント

非公開コメント