ファイナルファンタジーⅢ【DS版】 最後に残されたシリーズ作

こんにちわ、にゃんたです。
昨日に引き続き今日も猛暑です・・・。

昨日は会社が平日休暇だった。
そこで平日にしかできないことをやろうと思い、100円玉がビッチビチに詰まった貯金箱を開封した。
お金を数えるのって最初は楽しいけれど硬貨が何百枚もあるとそりゃもう大変。

そして、取引のある銀行へ持っていくのに重いこと重いこと。
多分、5キロぐらいあっただろうね。
昨日の猛暑の中バッグを抱えて持っていくのは本当に大変だった(泣)

ということでお金を得たので新しいソフトを買おうと思いハードオフに行ってみた。
今回、買ったのがこのソフト。
ファイナルファンタジーⅢ
20150801-FF.jpg

実はファイナルファンタジーⅢ(以下Ⅲ)は僕にとって初めてのファイナルファンタジーだった。
ファミコン版でプレイしたけれどクリアできなかったんだよね。
なんかワケ分かんないけど友達に盗まれちゃって(笑)

当時、小学生で「まぁいいやぁ」思ってたらスーパーファミコンでⅣが発売されて次第にⅤ、Ⅵ・・
ハードはプレステになってⅦとプレイしてきた。
FFシリーズは発売されるテンポがあの頃は本当に早かったんだよ。

途中、ワンダースワンでファイナルファンタジーシリーズが移植される話があったんだ。
僕はⅠ Ⅱをプレイしたことがなかったからワンダースワン本体とソフトを買ったね。
Ⅰ Ⅱは順調に発売されたけれどⅢがまさかの発売延期。
発売延期だけならまだよかった・・・。
次第にワンダースワンが業界から撤退。
結果、Ⅲのみがどのハードにも移植されずのままだった。

僕はこの時に
「もうⅢをプレイすることが出来ないのかぁ」
って本気で思った。

ファミコン本体とソフトを買えばプレイできたかもしれないけれど今更あのグラフィックでプレイするのは厳しい・・・。

しかし奇跡は起きた。
2006年、ニンテンドーDSに移植された。
移植されたというよりリニューアルに近い。
2D表現だったのが3D表現になっている。
そしてストーリーも少し違う。

たとえばファミコン版だと仲間と穴に落ちて洞窟をさまようが
DS版だと主人公のみが穴に落ちるところなど。
(まだ最初しかやっていないから、そのあとは分からないけれど・・・)

プレステで発売された移植とは違うようだ。
プレステに移植したファイナルファンタジーⅠからⅥはところどころにムービーを差し込んだぐらいの追加要素がなかった。
(Ⅰ Ⅱに関しては若干、グラフィックを書き直しているけれど)
なぜ、プレステで発売されたような感じで発売が出来なかったのか・・?
それはⅢは技術的な問題や容量が足りなくて完成できなかったからだ。

DS版 開発者のインタビュー

Ⅲは当時スクウェアに勤めていた天才プログラマーが開発に関わっていた。
この天才プログラマーが書いているプログラムをプレステレベル、ワンダースワンレベルに落とし込むことが相当、困難だったといわれている。
だから、Ⅲだけは移植に時間がかかった。

ということで今回、25年ぶりにプレイすることになる。
DS版が発売された時にはDSを一旦、売り払ってたから買えなかったんだよね(泣)
まだFF13がやりかけだけどちょっとやってみよう!



051.gif

『駿河屋ゲーム』最新新作ゲームから四半世紀前のレトロ機種まで!
ありとあらゆるゲームが揃っています!


ファイナルファンタジーⅢ【DS版】も販売していますっ!


コメント

非公開コメント