ソーサリアン 七星魔法の使徒【クソゲー判定】

こんにちわ、にゃんたです。
いやぁ久しぶりの更新になりました。

今日はソーサリアン 七星魔法の使徒のレビューだ。
20150811.jpg

僕がソーサリアンに出会ったのはメガドライブ版のソーサリアンだった。
それからPC版のソーサリアンフォーエバー、オリジナルとプレイをしてきた。

このソーサリアン 七星魔法の使徒が発売された時期は2000年4月。
当時はドリームキャストを持っていなかったから新しくなったソーサリアンがどんなもんかと興味は持ってた。
だって今まではドット絵の横スクロールアクションだったものがポリゴンになってグリグリ動くんだから興味が湧かないというのも嘘でしょう。

だけどドリームキャスト本体を買う気になれなかったんだよね。
ソーサリアンだけの為に買うのも・・・ね。

そして15年後、ハードオフでドリームキャスト本体を100円で買った。

その時に
「そういえばドリームキャストでソーサリアンが発売されていたんだよなぁ」
って思い出して駿河屋にソーサリアンを注文したんだよね。
買った時の値段は限定版で600円ぐらいだったと思う。

ということで買ったんだけど・・・実をいうと買って半年が経つけれど一回しか起動をしていない。
シナリオはPC版のものを使っているしグラフィックもドットからポリゴンに変わってキレイになった。
ちゃんとソーサリアンしている・・・。
でも、何かが違うんだ・・・。




なんていうかなぁドリームキャストのクセにセガサターンみたいなポリゴンで気分が醒めちゃうんだよ。
そういうレベルのグラフィックでソーサリアンをやるのはさすがにツライ。
これだったらまだ昔のままのドット絵の横スクロールアクションでよかったと思う。

もっと言えばソーサリアンはソーサリアンオリジナル(フォーエバー)で終わりでよかったんじゃないかな。
このゲームは最新技術を駆使した失敗作だったと思う。
多分、ファンでも好きになれないと思う。
素材はいいんだけどなぁ・・。

機会があったらやってみるといいかもね。

でも限定版についていたソーサリアンのサウンドトラックよかった!
オープニング曲がたまらんね。


051.gif

『駿河屋ゲーム』最新新作ゲームから四半世紀前のレトロ機種まで!
ありとあらゆるゲームが揃っています!


今日、レビューしたソーサリアン七星魔法の使徒も販売しています。

コメント

非公開コメント