タントアール 元祖ミニゲーム集のパイオニア

こんばんわ、にゃんたです。
今日はタントアールのレビューだ。

タントアールはミニゲーム集で僕が高校生の頃、アーケードでよくやったゲームだ。
多分、このゲームが元祖ミニゲーム集じゃないかな。

ゲームの進め方は4種類のゲームをルーレットで選んでいく。
時にはハートの片割れが出てそれを集めるとライフアップする。
ただしゲームはランダムで選ばれてしまう。

一回ミスにつき1ライフなくすから3回失敗すると1コイン終了だ。
慣れないとあっけなく終わる(笑)
コンシューマ版なら何も考えずにゲームを選択すればいいけれどアーケード版だと神経を尖らせて選ぶ必要がある。

というのもこのゲームには全部で16種類のゲームが収録されているが個人的に全部のゲームが得意ではない。
中には得意なゲームもあるし嫌いなゲームもある。

アーケードでいかに1コインで全クリをするか考えるならば闇雲にゲームを選んじゃダメだ。
出来れば自分の得意なゲームを選んでいく必要がある。
一応、ルーレットは目押しができるから得意なゲームが回ってきた時は意識的に選んだ方がいい。

僕が得意だったゲームはビリージュエル
これは時間内に枠の中に決められた宝石を移動させるというもの。
なかなか、難しいんだよコレ。
昔こういう感じで数字を1から並べていく玩具があったよね。

ブロックンロール
ある図形を足したり引いたりして最終的にどういう図形になるか考えるゲーム。
昔、知能検査(今もあるのかな?)でやったような感じだね。

かずのこどこのこ
高速で表示される4つの数字を選択肢か選ぶ。
これはよく見れば簡単。
時々、見にくい数字もあるけどね。

逆に大嫌いだったのがフォトショック
左から右に物が高速で移動してくるから被写体をうまく撮影できればOK。
これ早すぎて苦手。
瞬く間に1コイン没収になる。

忍者どこじゃ?
黄色と紫の忍者が高速で移動するから最後に黄色の忍者が隠れた場所を当てる。
僕ねぇ・・・ジィーーーーっと画面を見てることができないのよ。
瞬きしたら終わってるから駄目じゃない(泣)

嫌いなゲームがまったくクリアできないわけじゃないよ。
アーケードで全クリアを意識した場合には当たるとキツイというだけ。
他にもゲームがあるんだけど全部は出来なかったかな。

というわけで元祖ミニゲーム集「タントアール」でした。


051.gif

『駿河屋ゲーム』最新新作ゲームから四半世紀前のレトロ機種まで!
ありとあらゆるゲームが揃っています!


古いゲーム売るならヤマトク

コメント

非公開コメント