ジャンクパーツを集めてPCを組み立てよう!

こんにちわ、にゃんたです。

前にジャンクPCを修理してサブPCとして使っている私にゃんたですが・・なんか満足が出来ないんだ。
20150816-1.jpg


古いPCだから3Dグラフィックも乏しいし・・サウンドも悪い。
電源も10数年前のものだからいつ死亡するか分からない。
何よりケースがDELLというのが気に入らない(泣)

メーカー製のケースは制約があるんだよ。
HDDを沢山つめないし載せられるマザーボードの大きさも限られている。
このままサブPCを使っていてもいいけれどちょっとぐらいはアップグレードしたい。

ということで急遽、ジャンクパーツを集めて再組立を考えついた。
さすがに電源のジャンク品は怖いから新品を買うけどね。

なぜならどれだけ使い倒したか分からない電源じゃ何かの拍子で壊れる可能性がある。
いくらジャンク品がいいと言ってもお金を出して買うわけだから損をしてはならない。
電源だけはメンテナンスが出来ないもので使えば使うだけ劣化していくものだ。
電源が壊れたことによって他のパーツも道づれという可能性もあるからね。

あとケースも最近、発売したものをチョイスする。
中古のモノだと付属品とかついていないから新品を買う。


なぜこのようなことをするのかというと・・昔のゲームをいつでもやりたいからだ。
Windowsが過去のソフトの互換性をいつまでも保ってくれるならばそんなことは考えないさ。
だけどWindowsだって32bitから62bitへ9x系からNT系へ進化しているから互換性を保てない。

だから、過去のソフトをやりたいならば自分でパーツを吟味して維持していく必要がある。
さすがにPC98のパーツを集めてってなると探すのに困難だしパーツがあっても高価だ。
しかし、WindowsXP世代のジャンクパーツならば安く売っているから有難い。

ジャンク品が安いというのはワケがあって壊れていたりするから自分で修理出来なきゃダメだ。
自分で修理できないのならば買わない方がいい。
お金の無駄だ。
とは言っても僕だって最初はド素人で何も分からなかったけれど実際に行動に移していくうちに分かるようになってきたんだ。

最初から完全に壊れているモノを買ってしまう可能性もあるけれど自分でメンテナンスして使うならば安く効果的な買い物ができると思う。

次回からパーツ集めの様子を書いていこう。



051.gif

10年以上前のパソコンでも買取り価格が付きます!


[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!


コメント

非公開コメント