ジャンクパーツを集めてPCを組み立てよう!【サウンドカード編】

こんにちわ、にゃんたです。
今日はハードオフでサウンドカードを買ってきた。
20151003-1.jpg

サウンドブラスタ ゲーマーエディション。
付属品も揃って300円。
その付属品になんとハーフライフとシーフが付いている。
20151003-2.jpg

ただ、カードを見るかぎり1998年製みたいだ。
WindowsXPと互換性があるか分からないけど付属のドライバソフトをインストールしてみる。
するとインストールの途中で

「WindowsXPと互換性がないよ!」

と怒られるが華麗に無視。

この選択がこの後の展開に大きく影響するとは・・

インストールも無事?終了しクリエィティブのソフトを動かそうにもマウスの動きがカッチカチになって動かない。
キーボードでサウンドミキサーを起動させようにも動かない。

ホワイ?
やっぱりXPと互換性ナッシングなのか?
ということでメインPCでクリエイティブからドライバを探す。


古い製品のドライバって配布していないことが多いんだよねぇ。
しばらくするとXP対応のドライバがあった!
早速、ダウンロード。
解凍してテキストファイルを読んでみるとそこには驚愕の事実が書いてあった。

XP/2000にwindows95/98/NT用のドライバをインストールするとOSが不安定になります。
その場合はHDDをフォーマットしてWindowsを再インストールして下さい。
その上でダウンロードしたファイルをインストールして下さい・・。



なぁーーーーにぃーーーー!!


そうであるならば今の不安定さは理解できる。
しぶしぶXPのインストールディスクを突っ込んで再インストール
(↑しぶしぶってお前がいけないんじゃないか・・)
終わったらダウンロードしたドライバをインストール。
今度は「互換性がねぇーぞ!」と怒られることもない。

時間はかかったけれどインストール終了。
WMPでお気に入りの曲を聴いてみると・・世界が違うね。
サウンドカードをつけると音がクリアになって今まで曲に持っていた印象がガラリと変わる。
実際にサウンドカードをつけた人には分かると思うんだけど重低音が踊っているような感じといえばいいかな。

今、売っているマザーボードのオンボードのサウンドチップも高性能だけどやっぱり違う。
このカードは17年前のものだけどサウンドカードの有無の違いがハッキリ分かるんだ。
騙されたと思って一度、サウンドカードを買って音の違いを実感してほしいな。

ジャンク品であればハードオフで100円から300円で売っている。
これだけの投資で世界がガラリと変わるんだよ。
(動く動かないはまた別問題だけど・・・)

カードだけでも違いは分かるけれどスピーカーを変えればもっと違いが分かる。
ゲームを心底、楽しみたいならば僕はお勧めするアイテムだろう。


051.gif

10年以上前のパソコンでも買取り価格が付きます!


[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!


コメント

非公開コメント