ニードフォースピード アンダーグラウンド2 【良ゲー判定】

こんばんわ、にゃんたです。
実は記事にしていないだけでジャンクパーツを集めたパソコンは完成したんだ。
いづれ記事にするけれど今日はその話題じゃない。

そのパソコンでNEED FOR SPEED UNDERGROUND2(以下NFSUG2)をやっているんだ。

このゲームはもう3年前に買って手を付けていなかった。
というよりもWindows8では上手く動かなかったから放っておいた。

余談だけど、このソフト・・・初代NFSUG、NFSUG2、NFSMWの三本セットが新品で1300円だったんだ。
それが今じゃ19800円で販売ってどんだけボッタくってんだろ?
まぁ・・・EAの方で廃盤にしたならば高いんだろうけど・・・。
ちなみにこの3本はEA Originでは配信されていない。

ところでゲームの内容は・・・
このNFSUGシリーズは夜の街をレースするゲームだ。
これがまた夜の街が華やかでキレイなんだよ。

初めてNFSUG2をやるんだけど今年、一番のレースゲームだね。
なぜかというと爽快感がハンパない。
初代NFSUGは路面がツルッツル滑ってドリフトが上手く出来ない。
というか滑りすぎて僅かな操作ミスが致命傷になることが多かった。
だけど2はその点が改善されている。

初代はニトロを使うと回復ができなかったけれど今回はドリフトをしたり走行車の脇を超至近距離で走るとポイントが入るからそれでニトロ使用量が回復する。

ドリフトがどちらかというとリッジレーサーよりのドリフトに近いかな。
一応、実車が出てくるけれど挙動は全然一緒じゃない。
「この車、こんな曲がり方出来たっけ?」
っていうような曲がり方をする。

ただし、そこはゲームなんで許してあげよう。
(この傾向は以降のNFSシリーズも一緒)

今回の2から高速道路を使ったレースが実装されている。
これはいいねぇ~。
逆走しながら走るのはスリルビンビンでたまらない。
ただゲームが進んでいくと200kmオーバーで進むから操作が難しくなるけどね・・。

このNFSUG2から町を自由に走ることができるようになった。
初代は決められたコースしか走れなかった。
だから自分が好きなように走れるしコースに縛られることもない。
つまりレースゲームでのオープンワールドだね。

そしてなんといっても新しいゲームモードだ。
僕が面白いなーと思ったのはエンカウンターバトル。
これは町を走っていると敵車と出会うことがある。
追いかけていくと一対一の勝負ができる。

ルールは先行車がルートを決めて後続車を300メートル離すと勝ち。
もし後続車が先行車を追い越せば今度は追い越した後続車がルートを決める。
これを高速道路でやるととんでもなく難しい。
高速道路は町みたいに障害物がないからねぇ・・・。
しかも、ニトロを回復できる要素がないわけじゃないけれど難しい。

まとめ!
初代で骨折れた人は是非、NFSUG2をやってみてほしい。
絶対に面白いから!
ちなみに環境があればPC版でプレイすることを勧める。
PCの方がPS2版よりもだいぶキレイだからね。(思いのほか高画質にすると要求スペック高いので注意)



あなたの応援クリックお願いします(´∀`)

コメント

非公開コメント