FreeDOS(98)にFDDを読ませるっ!訂正版

こんばんわ、にゃんたです。
今回はtensorさんからホットなコメントをいただきました。
(前回のFreeDOS(98)にFDDを読ませるっ!からのコメント)
ありがとうございます。

コメントの内容は

FreeDos(98)の開発?をやっている人がいて、現在のバージョンはドライバを組み込まなくても、FDイメージの読み書きが可能になっています。
下記URLを参照してみてください。


http://bauxite.sakura.ne.jp/software/dos/freedos.htm

とのこと。

さっそく、URLに行ったら起動フロッピーディスクイメージ(2HD)をダウンロードしよう。

このイメージをエミュレーターに読ませると
なんと最初からBドライブが読まれているじゃないですか!
ということで実験で手持ちの同級生2をインストール。
ちなみにHDDのフォーマットはエミュレータでHDDを新規作成してBTNPART.exeを実行すればできる。

※エミュレータは各自、好きなものを使ってください。
ちなみに僕はT98を使っています。


インストールも終わったので起動しようとすると
「コンベンションメモリーが足りない」といわれる。

このFDDイメージにはEMS、XMSメモリマネージャがない。

ので!
ツァイ メタ女のハードディスクイメージから・・・・。
やり方は割愛する。

そうしたらはFDCONFIG.SYSを編集する。
FDCONFIG.SYSは俗にいうCONFIGファイルね。
これをdiskexplorerを使って開く。

すると

rem VERSION=6.20
DOS=High,UMB
rem COUNTRY=81,932,\COUNTRY.SYS
FILES=20
LASTDRIVE=Z
BUFFERS=4

rem DEVICE=FDXMS.SYS
rem DEVICE=EMM386.EXE RAM


という風に書かれている。

最後の二行の先頭に書いてある「rem」を消す。

つまり

DEVICE=FDXMS.SYS
DEVICE=EMM386.EXE RAM


ということね。

ちなみにremとは『コメント』という意味で今までこの行はコメントの意味しかなさなかった。
remを消すことによってコメントではなく実行される行になるということだ。
編集したFDCONFIG.SYSをdiskexplorerに戻す。

これで準備は整ったので再度、同級生2を実行すると動いた!

やった~~!

tensorさんへ
僕だけでなく同じ悩みを持った人がこのページに来て救われると思います。
繰り返しになりますが本当にありがとうございました。




***スポンサーリンク***


『駿河屋ゲーム』最新新作ゲームから四半世紀前のレトロ機種まで!
ありとあらゆるゲームが揃っています!


古いゲーム売るならヤマトク




コメント

非公開コメント

No title

お役にたてて幸いです。
まぁ、私は単に情報を提供しただけですから...

ちなみに、このバージョンのFreDos(98)はMS-DOSとの互換性もだいぶ高くなっていますので、以前のFreeDos(98)では動作しなかったアプリでも動作する可能性があります。試してみる価値はあると思います。

Re: No title

いえいえ、情報がなければずっと悩みっぱなしですからね。
FreeDos(98)導入の際、血眼になって解決法を探しましたがこの情報は見当たらなかったですからね・・・。
本当ありがとうございました。