遺作(PC98版) 伊頭家シリーズの始まり

こんばんわ、にゃんたです。
今回は最近、全クリした遺作について書こうかな。
20151120-1.jpg

遺作はエルフのゲームだ。
通称、伊頭家シリーズと呼ばれている。
その最初が遺作だった。
【遺作】って聞くと「誰かの遺作?」って思うかもしれないけれど違う。
遺作っていうのは人物の名前。

遺作の次が臭作、鬼作の順番で発売をされている。
遺作とほかの臭作、鬼作には違いがあるんだ。
臭作や鬼作はプレイヤーが操作するようになっているけれど
遺作はゲームの脇役として出てくるんだ。

だから臭作や鬼作から始めた人にとっては何か物足りないかも。
遺作は臭作や鬼作のように写真を撮って脅して犯すというゲームじゃない。
どちらかというとユーノみたいな感じに近い。

遺作は監禁された旧校舎でアイテムを探しながら脱出を試みるゲームだ。
とはいっても謎解きをするだけではバッドエンドになってしまう。
その過程の人間関係を見ていかないといけない。


ジャンルとしては・・・
エロゲーではあるけれどその中にホラーありサスペンスありという抵抗がなければ万人に楽しめるゲームだと思う。

この頃のエルフは良かったねぇ。
今なんて単にNTRを出しているだけだ。
※女を寝取り、寝取られるゲームのこと。
遺作やユーノのようにエロだけじゃなく謎解きやホラーが内包したゲームを出していない。
河原崎家の一族2が僕にとってエルフは最後だったのかなぁ。

最後に遺作の鬼畜っぷりは天下一品で泣く子も黙るレベル。
今から15年ぐらい前にバイトの友達から
「お~い、にゃんた~ぁ面白いゲームを買ったから見に来いよ」
って言われて友達の家でプレイしているところを見たらスゴすぎてビックリしたわ(笑)

当時はまだハタチ前だったしそういうエロゲーに興味がなかったから新鮮過ぎてすごかったね。
同内容化はこの場では過激すぎて書けないよ。
それは実際にプレイをして確認してほしい。


051.gif

駿河屋で遺作【リニューアル版】販売中っ!

コメント

非公開コメント