adam the double factor 今までと違うところ

こんにちわ、にゃんたです。
さて、今回は前回予告していたADAMのいいところの紹介だ。

これより性的描写がありますので18歳未満の人はまわれ右してください。

■まず、僕が思ったのはキャラクターデザインがLost oneよりマシになった。

たとえばBurstErrorの弥生
20151120.jpg

Lost oneの弥生
20160109-1.jpg

ADAMの弥生
20160109-2.jpg

Lost oneの弥生は別人の様だね。
だからビックリしたんだよ。
あれっ小次郎と話しているこの女は誰?まさかまたヒッかけた女?って思ったね。
まぁ前作の流れからどういうことか読めるけどさ。
ちなみに、Lost oneのまりなも変な感じ。

Lost one
20151129LOST-1.jpg

adam
20160109-3.jpg

というようにADAMはBurstErrorに近いデザインになっている。

■CGをふんだんに使って演出する。
20160109-4.jpg

EVEやLost oneはどちらかというとムービーとCGをバランスよく使っている。
ADAMも両方使っているがムービーよりCGの方が多い。
僕的にはCGの方が好きかな。
CGの方が分かりやすいしね。

■18禁
20160109-5.jpg

僕にとってEVEシリーズは15禁しかやっていないから18禁のEVE(ADAM)は初めてだ。
新鮮に思ったよね。
けど、まりなのチチがデカすぎ!
バスケットボールでも入ってんじゃないの?って思ったよ。

ただ、デメリットがあって小次郎の人格描写が今までと違う感じになっている。
前にも書いたけれど何かあれば合体するんだ。
今回の小次郎のストーリーはボディーガードを担当している。
しかし、それがプロとは言えぬ不手際ばっかりしてくれる。
例えば・・・

■弥生と合体して依頼主の元へ行くのに遅刻する。
■弥生に●●しをしておいて「子供は欲しくない」という。
■依頼主の娘と合体している間に依頼主が死ぬ(事故という見方もあるが・・・)

なんだろ、プレイヤーからすればさ・・・・
無理にそういう18禁描写を描かなくていいからまともなストーリーを書け!といいたい。
だってさ、ADAMを買ったってことは今までのEVEシリーズを期待して買ったほうが大なワケでしょ。
それにオマケとして18禁要素が付属しているだけでさ。
ストーリーやCG、演出が主なワケ。

ADAMの小次郎編についてはココが逆転している。
18禁要素が強くストーリーや演出が弱く人格がゆがんでいる。
まりな編はストーリーと18禁要素がバランスよく出来ているからいい。

だから・・・18禁要素って諸刃の剣なんだよね。
ゲームの描き方によってプレイヤーにいいように見えるし悪いように見える。
それはやっぱり土台にストーリーやCG、演出がちゃんとしていなければだめだろう。

とまぁ、ADAMによって18禁要素はいいところでありダメなところだ。
こんなところかなぁ。

■ストーリー
これはLost one以上BurstError未満ということで面白い。
小次郎編は若干のクセがあるけれどいいと思う。
Lost oneみたいに話が飛んだり陳腐な展開にはならない。
一つ一つ上手い具合に話が進んでいくようになっている。

BurstErrorの次にADAMを出せばもうちょっとEVEシリーズもいい感じになってたんじゃないかな。


051.gif

剣乃ゆきひろの名作をプレイするなら・・・!

PS2版EVEに18禁要素をプラスしたEVE そしてPC98版の復刻版を同梱したプレミアパッケージ!


LOST ONE完全版をプレイするならPC版が絶対におススメっ!


PC98版YU-NOをWindowsでプレイするならば大人の缶詰をゲットしよう!


コメント

非公開コメント