魔界塔士Saga これぞ名作だわぁ

こんにちわ、にゃんたです。
最近、クラウドソーシングの仕事もひと段落したのはいいけれど夏バテ?で何もやる気になりません。
ソウメンばかり食べ過ぎたかな?
パワーが出るようなものを食べないとダメですね。

ということで今回からは魔界塔士Sagaシリーズのレビューだ。
写真 H28-06-17 20 43 41

前にもレビューしたけれど
http://nyantagame.com/blog-entry-247.html
このゲームは僕にとって名作中の名作なので改めて紹介したい。

平成元年に発売されているから今から28年前のゲーム。
このゲームが発売されたころのスクウェアはすでにFFシリーズが確か2まで出ていたのかな。
僕がこの時期にやったスクウェアのゲームって言ったらFF2、飛び出せ大作戦とキングスナイトだったかな。
昔のスクウェアはいろんなジャンルに挑戦していたんだ。
アクション、RPG、シューティングなど・・・。
そのどれもが僕には合わなかったし世間も認めなかった。
未だにキングスナイトは何をしたいゲームだったのか分かんないもん。

たまたま僕がゲームボーイ本体を買った時に抱き合わせでついてきたのがSagaだった。
世間はドラクエブームで他のRPGなんて寄せ付けなかったんだ。
僕もドラクエが好きだったから「Saga~?なにこれ~?ドラクエのパクリー?」って思った。

でも、プレイしてみるとビックリ。
まず何に惹かれるかというとBGMだ。
ドラクエのBGMもいいんだけど、植松さんの作るBGMは天下一品だね。
町のテーマ、戦闘のテーマが大好きだ。


そして、システム。
今までのRPGであったレベル制を廃してアイテムを使って強くなるようになっている。
(ヒューマンの場合)
キャラクターがモンスターの場合、モンスターを倒した時に出てくる肉を食べると特殊能力やステータスが上がる仕様だった。

後に発売されるロマンシングサガ、サガフロンティアは闘うたびにステータスが上がるシステムになった。
ただし、闘いすぎると敵も強くなる仕様なので戦いすぎも注意しなければならない。

最後がストーリー。
今やると青臭いな~って思うんだけど当時、小6の僕はアツイゲームだったね。
ドラクエシリーズにもストーリーがあるけれどSagaとは違う。
ドラクエの場合、ある目的に対してどのようにすれば達成できるかだった。
その間に発生するはずの人間模様が見えないんだよね。
(今のドラクエシリーズは少なからず改善されてはいるけれど・・・。)

Sagaはこの点がすごくいいと思う。
時代劇が好きな人はいいかもしれない。
こういうのって勧善懲悪っていうかな。
「悪いことは許せん!」みたいな。

ちょっと支離滅裂な文章になっちゃったけれど夏バテなので許してください。
次回はゲームがどんな展開になるのか見ていきたい。

では!


051.gif

駿河屋なら箱有、箱なしも販売中!




ゲームボーイのすべてのゲームを楽しみたいならゲームボーイアドバンスSP!



コメント

非公開コメント