ダウンタウン熱血行進曲 FC世代は必ずプレイしたゲーム

こんにちわ、にゃんたです。
今日は前に購入したダウンタウン熱血行進曲がツボにハマっているのでレビューいってみよう。


20160702101520_1.jpg

モードはSinglePlay FreeStyle OnlineBattle Create optionがある。
一人プレイをするならSinglePlayになる。
これはストーリー仕立てでゲームが進めていくモードだ。
FreeStyleは好きな競技をやりこむモード。
OnlineBattleはそのままだね。

多分、このモードが一番FCでやった時の気分を味わえるのではないかな(笑)
僕はまだやっていないけれどプレイするなら友達と一緒にやりたいね。

Createはキャラの作成、チームの作成に加えコースの作成まで出来るみたいだ。
こりゃすごい。
オリジナルのバージョンでこの機能があったら面白かったのになぁって思う。
そうしたらキャラが不利になる場面ばかりを集めてコースを作るのに。。
このゲームってさ・・・キャラの立ち上がりと壁を上っている時って攻撃と防御が出来ないから一番不利だよね。
そういう場面ばかりを集めたコースを使ったらリアルケンカが始まるのは間違いない。

最後のOptionがアツイ。
この音楽図鑑ではダウンタウン熱血行進曲の曲はもちろん、他のくにおくんシリーズの曲を聴くことができるんだ。
しかもファイルを取り出すことが出来る。
サウンドトラック

このファイルをitunesに読み込ませると・・・アルバムアートまで読み込んでくれるんだ。
サウンドトラック1

こりゃありがたい。
これで673円って安くないですかい?(7/4日までね)
AmazonでサウンドトラックCD付きのPS3版を買うと7980円ももするんだぜ?


駿河屋でサウンドトラック単品で販売中っ



スタートさせるとまず難易度の設定になる。
20160626220059_1.jpg

これね、初めての人はやさしいを選んだ方がいいけれどFC世代でハマッた人は普通以上を選んだ方がいいね。
僕みたいに敵キャラの立ち上がりで叩き殺すみたいなやり方をするとやさしいでは物足りない。
出来れば難しいあたりがいいかもね。

さらにキャラの名前を付けてスタートさせると本編へ。


キャラクターは殆ど荒いドットで描かれているからFC世代の人は違和感なく楽しめるんじゃないかな。
20160626220346_1.jpg

さすがに背景やエフェクトは最新の技術を使っているけれどさ。
ストーリーを進めていくと競技をすることが出来る。
これはまた次回へ・・・



コメント

非公開コメント