日本のゲームダウンロード販売サイトの実態

日本のゲームを取り扱ったダウンロード販売サイトもあるのかと探してみたらありました^^;
その名もMagino Driveです。

ウェブサイト

この販売サイトはSteamを見本に作成したそうですがオススメしません。

まだ配信数が少ないのと

金額が高いの一言に尽きるでしょう!

この販売サイトを使うぐらいなら中古ソフト販売店を探してパッケージソフトを購入した方がいいです。

この販売サイトで購入できるイース オリジンの価格は3800円です。

僕が中古ソフトショップで購入した金額は480円です。

ボッタクリじゃねぇーか!

他にも日本ファルコムのゲームは3800円で販売してますが・・・

中古ショップで3800円払えば全部集める事も可能でしょう^^;

しかも日本ファルコムの場合、パッケージ版だと初回限定版が安く購入できて

なおかつオマケがついてくるのでパッケージ版を買った方が断然お得です。

僕が持っているザナドゥ ネクストの場合、
パッケージ版だとPCエンジン版の「風の伝説 ザナドゥⅠ Ⅱ」をPCで遊べる仕様にしたディスク付です。

しかもですよザナドゥネクストの設定資料集付です。

ここであなたに問いたい^^;

ダウンロード版を高額金額を払ってゲーム単体を買うのとパッケージ版を安く購入してしかもオマケが付くならどっちを選びますか?

答えは分かりますよね。

もう10年前のゲームを3800円ってナメてるとしか言いようないです。

これが実態です。

日本のダウンロード販売サイトは中古でパッケージ版を買った方がずっと安く済むのに高い金額で買わせます。

ゲームっていうのは多くの人にプレイをしてもらってナンボの世界なのに・・・。

プレイステーションでも初期のプレイステーションのソフトなんか1本600円で販売しているから手を出しやすいわけじゃないですか。

wiiでも安く販売していますよね。

MaginoDriveはこういう意味でオススメは出来ません。

他にもDMM.comがありますがパッケージソフトを購入した方が安いですね。

他にはEGGプロジェクトというダウンロード販売しているサイトがあります。

この販売サイトはレトロゲームをPCで出来るようにしたゲームを販売しています。

価格も手を出しやすい価格で500円のものが多いです。



あなたの応援クリックお願いします(´∀`)

コメント

非公開コメント