ドラゴンクエスト10【体験版】 戦闘もドラクエらしさ健在

今日は戦闘システムをレビューしよう。
まずはドラクエ10の戦闘は今までのシリーズでおなじみのコマンド式だが
コマンドの決定があまりにも遅いと敵が攻撃してくる。

素早い決定が勝敗を分けると言っても過言ではない。
つまり、FFのATBみたいな感じだ。
違うのはATBバーがないことか。

たとえばこういう敵が出ると焦るでしょう(笑)
「おおきづち」という敵がスタート地点の町の近くにいるんだけど
こいつは半分くらいの確率で「痛恨の一撃」をかましてくる。
多分、オフラインのドラクエシリーズよりも「痛恨の一撃」発生率は高いように思う。
バカスカ発生して瀕死になりかけた。

だからこそ早く倒すために素早い行動の決定が必要なのだ。

仲間ができると自動で行動をしてくれるようになる。
「さくせん」にしたがって動いてくれると思う。
今の時点では「まんたん」というさくせんしかなく
仲間がどういう思考で動いてくれてるのか分からないけど賢い方だとは思う。

いい感じに回復をしてくれたりターゲットを取ってくれるから自分だけが敵の集中攻撃を受けることはない。

「逃げる」コマンドがなくなりその場で十字キーでフィールドを移動して逃げるようになった。
運がよければ逃げれるし運が悪ければ逃げられない。(そりゃそうだ)
でも逃げ切れれば敵は追ってこない。

これはいいシステムだと思う。
今まではコマンドで選択して一瞬で逃げれるかどうか決まるからね。
「逃げ切れた」もしくは「敵にまわりこまれてしまった」になる。
実に面白味がなかった。

レベルアップ時もおなじみのあの音だった♪


あなたの応援クリックお願いします(´∀`)

コメント

非公開コメント